【R6Sマップ研究】覚えておきたいリスキル・射線「ヴィラ編」

R6Sマップ研究〜ヴィラ編〜 R6S

どうも、Johnです!

今回は、ヴィラの覚えておきたい射線・リスキルを紹介していきます。


シージが上手くなるにはエイムや立ち回りを磨くことも大切ですが、知識で差をつけるのが一番手っ取り早いです。
上手く活用すれば一方的にキルできたり、戦略も広がるので、ぜひ参考にどうぞ!

スポンサーリンク

射線

2F娯楽室からメイン階段下

この射線は大会でもよく使われる射線です。
娯楽室のカウンターの床を開けると、メイン階段下へ射線が通ります。


この射線を通すだけで、敵はかなり階段を上がりづらくなります。
2F娯楽防衛で味方がメイン階段を守っている時などには、この射線を使ってカバーすることができます。


2F飛行展示室からピアノルームの入り

飛行展示室の台?の横の床を開けると、アトリエからピアノルームへの入りを上から見ることができます。


2F守りでは、攻撃側が突き上げをしにピアノルームに入ってくるので、その敵をイージーに倒すことができます。
またこの穴が空いている場所は設置ポジションとしてよく使われるので、設置阻止を狙える射線にもなります。


2Fクラシックホールから正面入口

次に紹介する射線は、僕がイージーキルを何回もしたおすすめの射線です。

娯楽室を出たところ(クラシックホール)の矢印の場所に穴を開けます。


そうすると正面入口から入ってくる敵をイージーキルできる射線となります。

攻撃側が正面入口からエントリーするときは、階段や図書室など警戒しなければいけない場所が多いので、この射線はかなり警戒されづらい印象です。


2F娯楽室から1F図書室の入り

ビリヤード台の下に穴を開けると、上から図書室の入りを見ることができます。
この射線は、主に図書室防衛の時に上から現地のカバーをする射線として使います。


2F記念品室から後方階段下

記念品室の床を開けると、後方階段下へ射線が通ります。

記念品室防衛の時に、天文室に入っている味方のカバーをすることができます。
攻撃側では階段上がりをロックする射線としても使えそうですね。


2F記念品室と彫像展示室の間の壁

記念品室と彫像展示室の間の壁を開けると、便利な射線を3つ作ることができます。

①天文室から1Fの吹き抜け廊下を見る射線


記念品室から彫像展示室への入り(E方向)を見る射線


③天文室から彫像展示室への入り(S方向)を見る射線




リスキル

ヴィラの湧き場所は、「廃墟」・「噴水」・「メイン道路」の3つ。
それぞれどこからリスキルできるのか紹介していきます。


廃墟

書斎飛び出し

2F書斎の窓を飛び出すと、廃墟で湧いてE側に流れてくる敵を倒すことができます。
ラウンド開始すぐではなく、開始4秒後くらいに飛び出すのが丁度いいタイミングです。

↓攻撃視点

次に紹介するメインベッドからのリスキルを警戒する人が多く、ここはあまり警戒されないのでおすすめのリスキルです。

メインベッドルーム

2Fメインベッドルームからも、廃墟湧きのE側に流れてくる敵を倒すことができます。

↓攻撃視点

このリスキルは結構距離があるので、高倍率サイトをもつ攻撃側のほうが有利な印象です。

正面入口飛び出し

1Fの正面入口を飛び出すと、廃墟で湧いてW側に流れてくる敵を倒すことができます。
このリスキルは定番なのでかなり警戒されやすいです。

↓攻撃視点

攻撃側は、塀の裏から頭1個出しでロックすればほぼ返り討ちにできます。



噴水

メインバスルーム飛び出し

2Fメインバスルームから飛び出すと、噴水で湧いてN側に流れてくる敵を倒すことができます。
このリスキルも開始4秒後くらいに飛び出すのが丁度いいタイミングです。

↓攻撃視点


2F踊り場

2F踊り場の窓から、噴水で湧いてS側の階段を上がってくる敵を倒すことができます。

↓攻撃視点

ここの階段は真下の1Fの窓からも射線が通り、リスキルされる危険が高い場所なので通らないことをおすすめします。



メイン道路

トイレ飛び出し

1Fのトイレを飛び出したら右にピークをして、メイン道路湧きの敵を倒します。

固定カメラを見て敵が映ったタイミングで飛び出しましょう。

↓攻撃視点




最後まで読んでいただきありがとうございます!
参考になったでしょうか?

他のマップも随時研究していく予定なので、引き続きよろしくおねがいします!!



created by Rinker
¥3,366 (2021/12/01 18:42:56時点 楽天市場調べ-詳細)

タイトルとURLをコピーしました